サイバーセキュリティとデータ管理の変革

日本の上級管理職は、「サイバーセキュリティとデータ管理の変革」に関する仮想マスタークラスに参加するよう招待して頂いてます。

参加者は、閉鎖的で機密性の高い環境で刺激的なプログラムを期待することが出来ます。出席方法は、招待制で無料です。登録は、イベント毎に特定の数のゲストに制限されています。

サイバーセキュリティとデータ管理の変革

企業は常にサイバー犯罪者による攻撃にさらされています。金銭的な利益のために、悪意のある人物は、IT実稼働環境の暗号化やバックアップデータの破壊から、データを人質に取り除いて保持することまで、可能な限りのことを試みています。ボルトオンセキュリティアプローチはこれに対抗するチャンスがございますか?

データセキュリティはチームの努力です。ランサムウェア攻撃の増加傾向に対抗するには、SecOps、ITOps、およびNetOpsが同じページに存在する必要があります。 CISOの78%が、サイバーセキュリティベンダーのポートフォリオに16以上のツールがあると報告しているにも関わらず、これは不可能ではなくしても、困難であることが証明されています。

  • ランサムウェア攻撃の発見、調査、修復までの時間を短縮するために企業ができることとは?
  • ITOps、NetOps、SecOpsの各チームがランサムウェアに対抗するために、どのように自動化すればより良い協力関係を築くことができるのか?
  • ランサムウェアやデータ流出に迅速に対応するために、各企業のトップはどのようなツールや手法に投資していますか?

統合セキュリティと次世代データ管理へのプラットフォームアプローチの可能性について詳しく知りたいリーダーは参加してください。

役職では、最高情報責任者、最高情報セキュリティ責任者、情報技術インフラストラクチャ担当副社長、情報技術セキュリティ担当副社長、情報技術ストレージ担当副社長、情報技術責任者、情報技術ストレージ責任者、情報技術責任者、バックアップ責任者、バックアップ管理者、ストレージ管理者、情報技術インフラストラクチャマネージャー、システムアーキテクトが含まれます。

Current attendees:

  • 三菱RTMインターナショナル株式会社 CIO
  • 日立システムズ CTO
  • 新日本有限責任監査法人 エグゼクティブディレクター
  • 科学技術振興機構(JST)副理事長
  • パナソニック株式会社 部長

14:55:オンラインでチェックインするゲスト
15:00:紹介をするオルトゥス(Ortus)の儀式のマスタ
15:05:コヒシティ(Cohesity)による簡単な紹介
15:10:モデレーターによって初め、パネリストによって継続されたパネル
15:30:質疑応答
15:40:まとまりのあるプレゼンテーション
16:00:セッションの終了

主催者 Cohesity

Cohesity-logo

Event Detail

January 20, 2022 15:00
JST
Virtual
Japan

Why attend?